再生可能エネルギー

HDIは太陽光発電所向けの保険ソリューションとして、太陽光発電収益補償保険を提供しています。日照不足、機器の欠陥、想定外の劣化など、太陽光発電事業特有のリスクから事業収益を守ります。


提供するサービスの一覧

再生可能エネルギー分野
個々の再生可能エネルギー事業のリスクに応じて補償内容を設計することができます。また、お客様のニーズに合わせて様々な補償を追加することができます。

HDIは、プロジェクトの工事中および操業中の様々なリスクに対して総合的な保険ソリューションを提供します。補償内容は個々のプロジェクト単位で設計いたします。また、必要に応じてプロジェクトに融資する金融機関の保険付保要件に合わせて設計することもできます。

工事フェーズ

  • 組立保険(損害賠償責任保険も含みます)
  • 操業開始遅延保険
  • . 地震等の自然災害に対する補償
  • 専門職業賠償責任保険


操業フェーズ

  • 機械保険
  • 機械利益保険
  • 地震等の自然災害に対する補償
  • 賠償責任保険


プロジェクトの全フェーズにおける保険に、地震・噴火・津波、洪水、台風などの自然災害に対する補償を追加することができます。また、それら自然災害による利益損害も補償できます。

昨今、日本における太陽光発電事業は急成長を遂げていますが、その成長産業に対して日本の保険業界は太陽光発電事業特有の不足な収益減少リスクに対する総合的な保険ソリューションを提供できていませんでした。特にメガソーラープロジェクトにおいては、長期安定的に売電収益を維持することが発電事業者や投資家、または事業に融資する銀行にとっても大変重要な課題となっております。

HDIは太陽光発電事業固有のリスクを補償する新商品「太陽光発電収益補償保険」を設計・開発いたしました。太陽光発電収益補償保険により、日照不足、発電設備の想定外の劣化や欠陥など、従来の保険ではカバーされていなかったリスクから太陽光発電事業の売電収益をプロテクトすることができます。


ハイライト

発電所の事業主および投資家に対する総合的な補償の提供

工事フェーズ、操業フェーズの双方において再生可能エネルギー分野の事業を取り巻く様々なリスクに対して総合的な補償を提供します。太陽光発電事業については、太陽光発電収益補償保険も提供することができます。

安定的かつ潤沢なキャパシティー

HDIは潤沢なキャパシティーを常に有し、大型プロジェクトに対する保険にも対応できます。また、地震による財物損害・利益損害に対する補償も提供できます。

専門的・技術的なサポート、損害サービスの提供

長年専門的経験を積んだ技術者が、アンダーライターとして、技術的問題全般にわたり顧客の皆様の支援にあたります。また、損害の抑止・修復から信頼の置ける事故処理にいたるまで経験豊かな損害サービスを提供します。


リスク・コンサルティング

熟練した助言と支援
当社は、顧客の皆様がそれぞれのリスクの洗出しあるいは計量化を行い、必要に応じ、リスクの縮小あるいは回避行動計画を策定して頂く際に、その支援を目的に、業界横断的なリスク・エンジニアリング・サービスを提供します。リスク・エンジニアは、機械と工場、設備状況また稼動状況から生ずる技術面でのリスクを評価します。各種工事保険についての助言と支援は、安全・保全関連の法規に従い、現場調査と本社部門との協力を通じて実施することになります。


エキスパートのヒント

地震リスク

地震リスク(噴火・津波含む)は発電事業に対して甚大な損害を与えることがあります。罹災時には、修復費用や利益損害・遅延損害などの経済的なロスも膨大になる可能性があり、日本では特に注視すべきリスクです。工事フェーズにおいてEPC業者が手配する工事保険では、地震リスクが保険支払対象外となっていることが多いため特に注意が必要です。HDIは、発電事業の事業主自身が個々のプロジェクトのリスクや金融機関の保険付保要件にマッチした保険設計ができる「発注者付保 (OCIP: Owner Controlled Insurance Program)」を推奨しています。