Engineering & Construction – cover for machinery, plant and equipment, installation and construction projects

技術上の不具合、材質の欠陥または誤操作によって、工場および機械設備が操業停止に陥るリスクは、常にあります。設備の据付工事あるいは工事現場では、自然災害や火災といった要因によって、リスクがさらに高まります。当社の技術保険と各種工事保険は、考えられる多くのリスクに対して補償を提供します。また、財物の損害とそれによる逸失利益も補償します。工事保険は、大型工事やエンジニアリングプロジェクトにかかわる巨大リスクも想定しています。いずれの分野の保険契約者様へも当社リスク・エンジニアによるリスク・コンサルティングをご提供いたします。リスク・エンジニアは、潜在危険の早期洗い出し、またその潜在危険の回避方法について、皆様を支援させていただきます。


提供するサービスの一覧

技術保険および各種工事保険

当社は機械、構造物あるいは機械設備が被災した場合、全面操業に向けた復旧に要する費用を支払います。補償対象となるリスクは、電気的短絡事故から過失による事故にいたるまで多岐にわたります。

対象分野

  • 請負業者向け年間総括契約
  • PFI(民間資金等活用事業)工事
  • 土木工事および公共工事
  • 電力、石油化学、陸上オイルとガスの工事

当社の機械保険は、機械または機械設備、装置が損害を受け、その結果修理または代替機械を必要とする場合、その補償をします。種類を問わず、自走また輸送可能な機械、建設機械に生じる不測の損害に対し補償を提供いたします。例えば、清掃費用、廃棄あるいは回収といった関連費用も必要に応じて補償対象にすることができます。

製造業は、機械が損傷によって稼働できなくなると、操業中断を余儀なくされることがあります。このように事業が中断すると、企業は経済的損失を被ることになりますが、この損失は別途機械利益保険を手配することにより、補償対象とすることができます。当社の機械/機械利益保険は、特に喪失利益、経常費用、そして事業体制の早期復旧のための追加費用を対象としています。

当社の建設工事保険、土木工事保険では、損害が発生すると、工事現場の清掃に要する費用、また現場を事故発生前の状況に復旧するために要する費用をお支払いいたします。保険金額は工事の総費用(請負金額)を基準として設定します。火災、落雷、爆発あるいは工事用資機材の盗難についても補償されます。工事の発注者が負担すべき損害についても、お支払いの対象となります。


ハイライト

顧客重視の技術支援

当社は、長年専門的経験を積んだ技術者が、アンダーライターとして、技術的問題全般にわたり顧客の皆様の支援にあたります。

安定的かつ潤沢なキャパシティー

当社は、潤沢なキャパシティーを常に有し、大型工事に対する保険にも対応できます。

世界的規模の保険カバー

世界各地域の請負業者の工事が補償対象になります。海外での事業展開を進める企業は、国際保険プログラムの下での保険引受けが可能です。

専門的な損害サービスの利用

当社は、損害の抑止・修復から信頼の置ける事故処理にいたるまで、経験豊かな損害サービスを提供します。


リスク・エンジニアリング

熟練した助言と支援

当社は、顧客の皆様がそれぞれのリスクの洗出しあるいは計量化を行い、必要に応じ、リスクの縮小あるいは回避行動計画を策定して頂く際に、その支援を目的に、業界横断的なリスク・エンジニアリング・サービスを提供します。リスク・エンジニアは、機械と工場、設備状況また稼動状況から生ずる技術面でのリスクを評価します。各種工事保険についての助言と支援は、安全・保全関連の法規に従い、現場調査と本社部門との協力を通じて実施することになります。


エキスパートのヒント

緊急時行動プランの策定

異常気象災害、火災発生に備えて緊急行動計画を策定しておくと、損害の抑止行動を迅速かつ効果的に実施することができ、損害や損失の拡大を抑制することが可能となります。当社の専門家はそのための支援をさせていただくことができます。